セロニアス・モンクが残したアルバムの中で最高傑作と呼ばれる1枚。クインテットによる力強い演奏が、不協和音と打楽器的なタッチを駆使するモンクのプレイに一層の迫力を付け加える。モンクの強い個性が聴くものを圧倒する。 (C)RS

「モンクス・ミュージック」と並ぶモンクの最大傑作。50年代には,他にも代表的な作品が多く生まれ,逆境に打ち勝つモンクの創作意欲が窺い知れる。ロリンズ,ヘンリー,ローチら個性的な熱演をリードするモンクの特異且つ大胆なプレイが印象強い。

 ・ Amazon : Brilliant Corner ブリリアント・コーナーズ

 ・ Google Play Music : Brilliant Corners (1957) / ブリリアント・コーナーズ

 ・ apple music : Brilliant Corners (1957) / ブリリアント・コーナーズ

 ・ Spotify : Brilliant Corners (1957) / ブリリアント・コーナーズ

The complete Thelonious Monk LP Brilliant Corners. Featuring such stars as Sonny Rollins and Max Roach, as well as some of the pianist/composer’s most creative writing ever on the title tune. As a bonus, we have added the only existing alternate take from the sessions (an incomplete version of Pannonica) plus Monk’s complete previous session with Sonny Rollins, recorded in a quartet format in 1954.