数多いハンク・ジョーンズのアルバムのなかでも、隠れた名作のひとつ!
いつも趣味の良いプレイを繰りひろげて、聴き手を心地よい気分にさせてくれるのがハンク・ジョーンズである。
これはそんなハンクのピアノ・タッチの魅力をいっぱいに味わうことのできる好アルバム。
“ザ・リズム・セクション”と呼ばれていたガルブレイス以下の面々との演奏で、
まさにツボを心得たメンバーどうしの息の合ったプレイが素晴らしい。(録音:1958)
●参加アーティスト:(p)ハンク・ジョーンズ (g)バリー・ガルブレイス (b)ミルト・ヒントン (dms)オシー・ジョンソン

 ・ amazon : Hank Jones : Talented Touch (1958) / ザ・タレンテッド・タッチ

ディスク:1
1. イフ・アイ・ラヴ・アゲイン (MONO)
2. マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ (MONO)
3. ドント・エヴァー・リーヴ・ミー (MONO)
4. イッツ・イージー・トゥ・リメンバー (MONO)
5. ユー・アー・マイ・ラヴ (MONO)
6. ブルー・ライツ (MONO)
7. ザ・ブルー・ルーム (MONO)
8. ア・サンデイ・カインド・オブ・ラヴ (MONO)
9. スター・アイズ (MONO)
10. レット・ミー・ノウ (MONO)
11. トライ・ア・リトル・テンダネス (MONO)
12. イージー・トゥ・ラヴ (MONO)