Ray Bryant / レイ・ブライアント - 100JazzPiano.com

Ray Bryant / レイ・ブライアント
Biography

レイ・ブライアント(Ray Bryant, 1931年12月24日 – 2011年6月2日)は、アメリカ合衆国 のジャズ・ピアニストで作曲家。ペンシルベニア州フィラデルフィア出身。本名はラファエル・ホーマー・ブライアント(Raphael Homer Bryant)。

 ・ Spotify : Ray Bryant / レイ・ブライアント

Ray Bryant / レイ・ブライアントの生い立ち

6歳でピアノの演奏を始め、ジュニアハイスクール時代はダブルベースも手懸けた。成人するまでに職業音楽家としての活動に入り、マイルス・デイヴィスやソニー・ロリンズ、メルバ・リストン、コールマン・ホーキンスらと共演したほか、カーメン・マクレエやアレサ・フランクリンらの伴奏者を務めた。1950年代後半より自身のトリオを結成して世界中で演奏したが、ソロとしても活動した。さらに、作曲家としても名を揚げ、《クバーノ・チャント(Cubano Chant)》《マディソン・タイム(The Madison Time)》《モンキー・ビジネス(Monkey Business)》《リトル・スージー(Little Susie)》の旋律は、見事に有名なテーマとなった。
2011年6月2日、ニューヨーク・クイーンズ区の病院で死去。79歳没。